水無月歌会[令和三年]

今年は梅雨入り宣言が例年よりもかなり早く、それならば早く明けるのかと思いきや、宣言後は五月晴れを取り戻したかのように、爽やかに晴れる日が多く、ようやく梅雨らしくなったのはここ2、3日のように思われます。汗がべたーっと体に張り付き、とりわけ洗濯物が乾かないこの時期は身も心も晴れません。

ところがひと度野山に目をむければ、草木は空気までも緑に染めてしまうほど、それぞれの緑を精一杯に育んでいて、やはり一年の中でこの季節が無くてはならないものであることを実感します。

去年の夏、知人が大きな水甕に大切に育てている睡蓮一株と、そこに共生させている数匹のめだかを貰いうけ、我が家にある一番大きな甕に移しました。どうやらうまく適応したらしく、睡蓮の株は毎日のように新しい花を咲かせています。そしてめだかも冬には表面が凍る水甕の中で命をつなぎ、去年よりもひと回り大きくなって、子も孵りました。目は砂の粒のように小さく、細い針のような子めだかが、睡蓮の浮き葉の隙間に時より姿を現すのを見つけては、その小さな命にエールを送っています。

梅雨の雨によって毎日充分に満たされる水甕に、花もめだかもご満悦のようです!

さて、三重支部ではコロナワクチンを既に接種された方も多く、歌会への参加の不安も少しは軽減されたように思われます。

今月は、新青虹誌の巻頭歌となった金丸さんのお歌『春の海辺』十首を、ご本人に解説をしていただきながら鑑賞しました。漁業を生業にする人達の生活や想いを、選び抜かれた言葉でテンポ良く詠まれたお歌に、みな感心しきりでした!

[6月号誌上より]

・砂浜に乾く流木老い深むいこいにかなふ温みありけり(金丸満智子)

・ひと本の庭の古木を好むとふ幼なのあればながく残さむ(井口慎子)

・もろもろを清めゆく火に包まれて冬より春へ向かふ奈良なり(山本浩子)

・初午に小さき稲荷を掃き清め面輪やさしき人したくせり(中川りゅう)

・未明なる地鳴りに目覚め独り居を心にとどめ深呼吸せり(中川寿子)

・神殿に子の厄払ふと額づきし我が拍手の響く春なり(後藤まゆみ)

・海よりの風に耐えつつ歪み立つ松なづるやに春の雨せり(中世古悦子)

皐月歌会[令和三年]

コロナ感染がなかなか終息に向かわないこともあって、今月の歌会は欠席者多数のため中止となりました。

それでも季節は同じように巡ってきます。

我が家は川沿いにあって、この時期になると、川の中州に甲羅を干していた亀が川の堤防を乗り越え、庭の中へ卵を産みにやってきます。一体亀たちが何を基準に選んでいるのかその場所は毎年違って、道の真ん中だったり、柵の際だったり、とんでもない場所を選ぶこともあります。ですが礼儀?はわきまえているのか、大切なお花畑の中へ踏み入ることはなく、主とトラブルになることもありません!

時間はほぼ決まっていて、寝ぼけ眼で、朝食のお味噌汁に入れる薬味を採るために庭へ出た時で、後ろ足で必死に穴を掘っていたり、目尻から涙を流しながら卵を産み落としているさなかだったり、産んだ卵へ土をかけ綺麗に均している時だったり、それぞれです。今日も私の足音に気がつくと、危険を察知して、鋭い目でこちらを睨みつけてきました。亀の気持ちもわかりますが、私の方も、30センチ程もあるグロテスクな甲羅をもつ亀にふいに遭遇するわけですからびっくりです! 思わず、何もしないから!!と小声にしばらくは息を殺して見守りました。何やらドキドキしながらも、ゆっくりとした動作でこつこつと事を成してゆく亀の様子にこの生の営みが長寿である所以なのだろうと、毎日をあくせく余裕のない自分を省みた朝でした。

 

[5月号誌上より]

・春陽かげ白抜き暖簾の店先に雛菓子ならぶ城下町なり(金丸満智子)

・朝々を紅筆探すこともなく桃色あはきマスクして行く(井口慎子)

・お雛様段に飾りて甘酒をいただきし春かつてありけり(山本浩子)

・観音に額づきゐれば若き日に悩みしことはあはあはとして(中川りゅう)

・庭落葉よせゐる下の草の芽に春をしづかに待つ思ひあり(中川寿子)

・子どもらと声そろえ豆まきし日よ今宵ひとりの福は内なり(後藤まゆみ)

・如月の澄める鈴鹿嶺撮らむとす人侵されぬ点景と見ゆ(中世古悦子)

卯月歌会[令和三年]

コロナ感染の動向に世界中が振り回されて明けた2021年も、瞬く間に4ヶ月が過ぎて
ゆきました。当初は外出できないことに少なからずストレスを感じていましたが、慣れと
は都合の良いもので、家居とマスクは当然の事として、違和感さえ抱かないこの頃です。
若い頃ならそうはいかなかったかもしれませんけれど・・・!しかし人の順応力というの
は恐るべきものがあります!もはやマスクもおしゃれの対象としてしまうのですから。

我が家の周りの田は、もうすっかり田植えを済ませました。上の方から順に水が入り、何
枚もの水田へ宵の月影が白い光を落とし始めると、競う様に蛙たちが名乗りを上げる。そ
してみずみずしい若苗が次々と植えられ、初夏の風になよなよとなびいている姿はとりわ
け愛おしく感じられます。趣のあるお歌がいく首でも詠めそうな、そんな季の話題をかわ
きりに、4月の支部歌会は、透かした窓よりの爽やかな風に吹かれながらの楽しいひと時
となりました。

『4月号誌上より』

・屋根雪のある車ゆき臘梅のしづり真すぐに光り落ちつつ(金丸満智子)

・寒少しゆるむ幾日や板の戸を直す音さへ陽に和むらし(井口慎子)

・立春を目の前にして梅ひらく温もりおぼえ歌をつづれる(山本浩子)

・青虹の社友となりて日々を詠む生くる証にときめきにつつ(中川りゅう)

・夜の明けは猫の額のほどなれどややに早まる心地にうれし(中川寿子)

・薄氷の川面たちまち鴨どりの遊ぶに裂けて緩みゆくなり(後藤まゆみ)

・結露する窓にへのへのもへじ描くもいづれ流れて憂い顔なり(中世古悦子)

弥生歌会【令和三年】

家の近くを流れる「たこち川」沿いを百本ほどの桜の花が満開となりました。長男が小学校入学の頃、まだ裸ん坊のか細い苗が間隔をとって点々と植えられた時は、今のような見事な桜並木になることなど想像もできませんでしたが、30年余り、花を咲かせ、散り、枝を伸ばしながら確実に年を重ねて、溜め息の出るばかりの景観を作り上げました。コロナ感染に翻弄され、ずるずると2度目の夏を迎えようとしている私達人類も、自然の営みのようにもっとシンプルになればよいのではないでしょうか。

3月の支部会は久し振りに全員が顔をそろえました。短歌に親しむという目的をもって共有する数時間はそれぞれの楽しい時となっている様です。

米寿を迎えられた中川さんは、これまでにやったことのない事に挑戦したいと3年前に入会された、とても気骨のあるおばあちゃまです。まだまだ五七五七七の語調に整えることも難しいご様子ですが、毎回新鮮なお歌を10首携えて参加されます。この日は、お掃除を頑張りすぎて体中あちこち痛むと元気なく、とても辛そうに入ってこられました。徐々に顔に明るさが戻ってきたので、大丈夫ですか?とお尋ねすると「短歌は私の妙薬です!!」と。一同感嘆の声をあげた瞬間でした。

「3月号誌上より」

・冬晴れの縁のぬくみにまどろみて今は世に亡き人と睦みき(金丸満智子)

・夜の雪うつすら積もり音もなき大晦の朝冷えつきぬ(山本浩子)

・慎ましく生くるを良しと語りあひ香る林檎を食めば安けし(中川りゅう)

・龍宮と地球行き来すはやぶさに託す令和の大き夢あり(中川寿子)

・秋風に稲穂重たくさやぎつつパッチワークと見ゆる里なり(後藤まゆみ)

・中空の雲のすき間ゆさしきたる陽に包まれて十字架光る(中世古悦子)

如月歌会【令和三年】

2月は温さ寒さの入れ替わりが激しく、気ままな春に弄ばれてあっという間に過ぎ去った
感があります。そして例年通り、花粉に目や鼻を攻め立てられる季節がやってきました。
ただ救いはコロナ感染が少しづつ終息に向かいつつ有ることでしょうか!

3ヶ月ぶりに支部歌会を開催することができました!
誌上のお歌を自分なりに忖度し鑑賞するだけでは、やはり推し量り難い事が多くあります。
作者本人から説明される歌の真意は、心から同意できたり、納得したり、疑問を持ったり
微妙な差異があって、顔を突き合わせ意見交換する中から、より情趣のあることばや描写
を導き出していく過程が、この上なく楽しい時間となります。

月に一度の歌会が、今年は滞りなく開催できることを祈ってやみません!

<2月号誌上より>

・天かける白鳥に似し雲ひとつ大和へ消ゆる秋日和なり(金丸満智子)

・里山を拓きて成りし新道に四季吹きわたる緑風あり(井口慎子)

・もみぢせる桜のそばの慰霊碑に白菊手向け無口に礼す(山本浩子)

・白杖を馬手に持ちたる背の君の弓手は妻に預け歩めり(中川りゅう)

・三人目の曽孫に会ひて人の世に生くるよろこび想ふ秋なり(中川寿子)

・薄紅のコスモスゆるる散歩みち遠山に日は傾かむとす(後藤まゆみ)

・ゆくりなく夜さを忍びて来る冷えに椿は八重の花弁解きたり(中世古悦子)

睦月歌会[令和三年]

十数年も前のことです。お友達の紹介で隣町のお茶の先生のお宅のお初釜にお招きいただきました。晴れの茶会とあって出されたお道具はみな立派で、美術館のガラスケースにに並べられるような逸品もあり、異次元のお茶会を存分に楽しませていただきました。後ろ髪を引かれる思いで退出しようとした時、庭の隅に何とも儚げに咲くうす紫の花が目に留まりました。窺えば寒あやめという花でした。なるほど花の形はあやめにそっくりです。早速無理を言って株を分けていただき、今では我が庭のあちらこちらに増えています。毎年雪の散らつく中、細く弱々しくこの花の咲き始めるのを見ると、どうしてこの季節を選んだの?!と思わず問いかけてしまいます。この冬も寒にふさわしく、肉厚の濃い紅色に咲く藪椿のそばで、なよなよと毎日数輪の花を咲かせています。自然は本当に不思議に満ちています!いつ終わるのか先の見えない混沌とした現実ですが、真実を見極め楽しく明日を迎えましょう!!

1月の支部会は、コロナ感染の拡大を考慮して休会と致しました。

<1月号誌上より>

・生きのこる蜘蛛月の夜をたるむ巣に金木犀の香とひそみつつ(金丸満智子)

・生家より心離れし若き日か今は聞きたきこと多くあり(井口慎子)

・たつぷりと秋の日及ぶガラス戸の影なす椅子に母の坐れる(山本浩子)

・十五夜の月影閨に射し入りて目覚めしままに去りし人思ふ(中川りゅう)

・コロナ禍の今宵は月に祈りつつ団子すすきを飾らむとする(中川寿子)

・我祝ふディナー鮑の前菜と友の変わらぬ笑みにはじまる(児島靖子)

・草茂るあき地のすみに彼岸花空の高さを楽しむと見ゆ(後藤まゆみ)

・花すがた鮮やかなりし檜扇の実は漆黒に秋をさびしむ(中世古悦子)

師走歌会【令和二年】

明けましておめでとうございます!
昨年末の厳しい寒波に心配された初日の出は、思いの外厳かに晴れやかに上り、終息の
見えない疫禍を除けばまずまずの年明けとなりました!
去年にも増してより自分を見つめ直す機会が与えられたことを幸運として、どうすれば
一人の人間としてお役に立てるのか、何をすれば自分を楽しませられるのか、ぶれるこ
となく一日一日を大切に過ごしていきたいと思います。

昨年の師走歌会は残念ながら中止となりましたが、1月は細心の注意を払い開催する予
定です。悶々と遣り場のない思いを抱えていらっしゃる方、短歌は難しいものではなく
心を開き、そして自由に遊ばせることのできる素晴らしい文芸です!興味のある方は
是非ご一報下さい!!

<12月号誌上より>

・コロナ禍に訪へばマスクに会釈せる美容師活けし萩の方より(金丸満智子)

・祇王寺の炭火に寄りて咳き込みし人の背にふと縁思ひぬ(井口慎子)

・シャリシャリとりんごを喰めば深秋の丘渡りゆく風の涼しく(山本浩子)

・雲の端に形作るや鰯雲なだりに白き風の吹き初む(中川りゅう)

・あたたかく背流しくるる人のゐて涙の頰をひそかにぬぐふ(中川寿子)

・一輪車操るすがた得意げにみせる幼の汗たのもしく(児島靖子)

・母の読むはなし覚えてせがむ子のグリム童話に眠りおちたり(後藤まゆみ)

・しなやかに疾風もかはす萩の枝の花あまりにももろくこばれむ(中世古悦子)

霜月歌会【令和二年】

不要不急の禁足を強いられ、何もしないまま気がつけばもう師走です!
コロナ感染の第三波が勢いづき、せめて人出の少ないうちにと思っていた久しぶりの古
寺巡りも、断念せざるをえないようです。

まだ学生の頃、長期の休みには何かに駆り立てられるように、京都、奈良のお寺を巡るひ
とり旅をしました。法隆寺の門をくぐれば、歴史を重ねた木造の伽藍の放つ圧倒的なパワ
ーに抱かれ、心身ともに充電されていくのを実感しました。中宮寺の弥勒菩薩像はまだ古
いお堂にいらして何の隔てもなく、間近に正座しては伏し目の奥の慈しみ深い眼差しに、
しばし身を委ねました。又、興福寺の阿修羅像は何故かとても気になる存在でした。当時
大学の友人に、君は興福寺の阿修羅像に似ていると言われたことがあるのです。きっとい
つも眉間にしわを寄せて物憂げな表情をしていたからでしょう。この阿修羅像がどうして、
少年の顔をしてあの表情を持つのか何も知らないまま、自分を鏡に見るような錯覚に陥っ
ていたようです。ともあれ阿修羅像が今のように表舞台に立ち、愛され、研究されるずっ
と以前のことです。

新青虹11月号に紹介されている、会津八一の「阿修羅の像に」と題された二首のお歌に懐
かしく当時を思い出しました。

・ゆくりなきもののおもひにかかげたるうでさへそらにわすれたつらし

・けふもまたいくたりたちてなげきけむあじゅらがまゆのあさきひかげに

コロナ禍ではありますが、歌会はいつもの様に発言が飛び交い、楽しい時間となりました。
人との交わりを極力避ける日々ですので、この時間がより大切なものに思われます。

<11月号誌上より>

・村の娘の白靴かろくかけゆきし後の木橋の夏ひそかなり(金丸満智子)

・あたらしき悩みいつしか忘れつつ遠き日の悔思ふ秋なり(井口慎子)

・空調の音のきこゆる炎天に歌つむぎ出すしじま味はふ(山本浩子)

・七十路に余る年経し絵具箱しぼるチュウブに指の跡あり(中川りゅう)

・帰りゆく息子のしぐさ亡き夫に似ると偲ばむ夏のゆふべに(中川寿子)

・言の葉の紡げずにゐる歯がゆさを酷暑のゆゑと吾なぐさむる(児島靖子)

・足音にからだくねらせ隠れ入る蛇に幼なの後退りせり(後藤まゆみ)

・真夏なる陽射しの落つる濃き陰の奥へと青きやせ蛙入る(中世古悦子)

霜月歌会【令和二年】

不要不急の禁足を強いられ、何もしないまま気がつけばもう師走です!
コロナ感染の第三波が勢いづき、せめて人出の少ないうちにと思っていた久しぶりの古
寺巡りも、断念せざるをえないようです。

まだ学生の頃、長期の休みには何かに駆り立てられるように、京都、奈良のお寺を巡るひ
とり旅をしました。法隆寺の門をくぐれば、歴史を重ねた木造の伽藍の放つ圧倒的なパワ
ーに抱かれ、心身ともに充電されていくのを実感しました。中宮寺の弥勒菩薩像はまだ古
いお堂にいらして何の隔てもなく、間近に正座しては伏し目の奥の慈しみ深い眼差しに、
しばし身を委ねました。又、興福寺の阿修羅像は何故かとても気になる存在でした。当時
大学の友人に、君は興福寺の阿修羅像に似ていると言われたことがあるのです。きっとい
つも眉間にしわを寄せて物憂げな表情をしていたからでしょう。この阿修羅像がどうして、
少年の顔をしてあの表情を持つのか何も知らないまま、自分を鏡に見るような錯覚に陥っ
ていたようです。ともあれ阿修羅像が今のように表舞台に立ち、愛され、研究されるずっ
と以前のことです。

新青虹11月号に紹介されている、会津八一の「阿修羅の像に」と題された二首のお歌に懐
かしく当時を思い出しました。

・ゆくりなきもののおもひにかかげたるうでさへそらにわすれたつらし

・けふもまたいくたりたちてなげきけむあじゅらがまゆのあさきひかげに

コロナ禍ではありますが、歌会はいつもの様に発言が飛び交い、楽しい時間となりました。
人との交わりを極力避ける日々ですので、この時間がより大切なものに思われます。

<11月号誌上より>

・村の娘の白靴かろくかけゆきし後の木橋の夏ひそかなり(金丸満智子)

・あたらしき悩みいつしか忘れつつ遠き日の悔思ふ秋なり(井口慎子)

・空調の音のきこゆる炎天に歌つむぎ出すしじま味はふ(山本浩子)

・七十路に余る年経し絵具箱しぼるチュウブに指の跡あり(中川りゅう)

・帰りゆく息子のしぐさ亡き夫に似ると偲ばむ夏のゆふべに(中川寿子)

・言の葉の紡げずにゐる歯がゆさを酷暑のゆゑと吾なぐさむる(児島靖子)

・足音にからだくねらせ隠れ入る蛇に幼なの後退りせり(後藤まゆみ)

・真夏なる陽射しの落つる濃き陰の奥へと青きやせ蛙入る(中世古悦子)

神無月歌会【令和二年】

今年も余すところ2ヶ月となりました。
コロナ感染が世界を震撼させたのは3月。以後振り回されて8ヶ月が過ぎ、終息の見えぬまま不自由を強いられています。悲観的になればどんどん辛くなりますが、新しいことに取り組める絶好のチャンスでもあります。
我家では実益を兼ね野菜作りに取り組んでいます。夏は胡瓜、茄子、ピーマン、オクラ、トマト等、朝採り野菜が食卓に並び夏バテ知らずでした。今やすっかりはまっています。そうそう、今日は美味しそうなさつま芋を50本掘り上げ大満足です!冬野菜も青々と実り始めています。多分こんな時こそできる事がきっとある筈です!

今月の支部会は、秋晴れのよい日和となり、コロナ禍でなければ秋空吟行も実現できたことでしょう。持参下さる詠草も少しずつ増え、新しい気付きに盛り上がる事しきりです。

<9月号誌上より>

・梅雨くもり羽ふり降りし鴉らの地蔵お前にこゑをつつしむ(金丸満智子)

・瓜切りし残り香さやけき流しもと梅雨明け近き窓あかりあり(井口慎子)

・ひたむきに生きし証を絵に留め画学生らは戦地にて果つ(山本浩子)

・穂の出づる青田に風の渡りつつ稔りを兆す祓ひとならむ(中川りゅう)

・雨あとの夏の日差に青榊もとめし店をかろやかに出づ(中川寿子)

・土手を行く我の額に飛びまどふゆすりか払う目に青田見ゆ(児島靖子)

・夕陽うけ田返す人の傍らにふはり降りきて鷺らはゐたり(後藤まゆみ)

・あでやかなるままに散りにし野牡丹の紫土に納まりがたし(中世古悦子)