文月近畿支社会[令和四年]

コロナ感染の第7波が本格化し始める中、5月に続いて水本先生にもご出席いただきました。8月より新青虹の編集長に復帰されたばかりですし、この暑さの中、奈良よりお越しいただくのは申し訳なく、ためらいもありましたが、歌会は滞りなく進み、大切な時間を無駄にしないよう、皆ご指導に耳を傾けました。

支社の方々にあらかじめ提出いただいた自由詠一首をまとめ、お渡ししている詠草集を順に鑑賞していきます。面白い発想のお歌も多々あり。自分の視点の狭さを思い知らされますが、作者本人の思いを考慮の上に、添削いただいた歌は、やはり無駄がなく調べも整っています。

今回出詠下さった方々の、原作歌と添削後の歌をご紹介致します。

・白鷺のからだ半分田植田に埋もれて見ゆる早い梅雨明け (中村智恵子)
・白鷺のすがた半ばは青き田に埋るる朝をはや梅雨明けす

・濡れながら子ら逃げ惑ふ水鉄砲とうもろこしの青青と伸ぶ (青山玲子)
・濡れながら水鉄砲に逃げ惑ふ子らにもろこし丈青くあり

・亡き夫の写真窓辺に置きし友昼餉の卓に潮の香かをる (後藤まゆみ)
・亡き夫の写真窓辺に置く友の昼餉の貝に潮の香りす

・忌明けして母屋の整理に汗の身の散水ホース使はれずあり (山本浩子)
・忌明けして母屋の整理に汗にじみ散水ホース使はれずあり

・しとど濡れ触れなば葉より玉と落つ蓮の蕾はまだ閉ぢたまま (中川りゅう)
・朝の露触るれば葉より玉と落ち蓮の蕾はまだひそかなり

・近づくも後退りすも釈迦牟尼は伏し目ながらに我を逸さず (中世古悦子)
・近づくも後退りすも大ひなる釈迦は伏し目に我を逸さず

・蚕時雨とふ音たて蚕の桑食むを見守りてゐし祖母の目ありき (井口慎子)
(こしぐれ)
・蚕時雨といはれ蚕の桑食むを見守りてゐし祖母の目細し

・西行は出家の旅に木曽殿の勢威末路を和歌にとぶらふ (金丸満智子)
・西行は出家の旅に木曽殿の末路を詠みて身は若かりき

・うぐひすの返り音さゆる初夏の朝より炭酸煎餅くらふ (水本協一)

水無月歌会[令和四年]

6月はからりと晴れる日が多く、なかなか梅雨入りしなかった東海地方ですが、宣言したものの雨はあまり続かず、月をまたいでいきなりの猛暑です。この暑さは一体どこまでエスカレートするのでしょうか。体調管理の難しい夏となりそうです。

さて6月中旬、2年半のコロナ自粛を解いて、地元にお住いの青虹社のお友達のご案内にて、鎌倉へ1泊2日の旅に出ました。

先ずは北鎌倉の駅にお迎えいただき円覚寺へ。総門をくぐり階段を上ると、三門が現れ堂堂たる風格。寺領はそこから山へ山へ。随所にある石段を見上げると、萱葺の狭い門が奥へと口を開いて、これぞ結界という雰囲気を漂わせ、自ずと背を正されます。続いて鎌倉街道をジグザグに東慶寺、明月院、浄智寺、建長寺へ。明月院には山門の手前から境内全て埋め尽くすほどの人、人、人。あじさい寺と呼ばれるにふさわしく、全山のあじさいは淡いブルーに統一され、鎌倉ブルーと言うのだそう。建長寺では方丈庭園から200段の階段を励まし合いながら上り半僧坊へ。駅前のコンビニで調達したおにぎりの美味しかったこと。展望台からは有るか無きかに、雪を頂く富士の三角頭をうっすらと確認でき、目の充電も完了。

午後は亀ヶ谷坂切通しを経て若宮大路へ入り、念願の段葛を真っ直に上って鶴岡八幡宮へ。都合よく梅雨の中休みで、雲は薄いながらもべったりと太陽を遮断して暑さを回避。寺社の境内にも、民家の庭先にも、切通しの狭い山道にも、色々なあじさいが今を季と咲き満ちて、山から街へ、したたる緑の鎌倉を堪能。夜は横浜へ足を延ばし、ランドマークタワーより暮れ行く横浜港と日本丸、街の灯りを眺めながら、美味しいディナーをご馳走になりました。

2日目は江ノ電に乗って江ノ島へ渡り、海抜100メートルのタワーに上り、360度の殆どぼ〜んやり!とした絶景を楽しみ、長谷寺へ。十一面観音菩薩の大きなお姿を間近に見上げると、その圧倒的な存在に身じろぎもできず、パワーをシャワーのように浴びて元気を充電。

そして高徳院の大仏様へ。お目にかかるのは2度目。前回の印象通り実に端正なお顔で、憧れの人に思いを寄せた乙女心がふつふつと・・・。あまりにも有名な与謝野晶子の歌碑は、以前より裏手の木々が繁ったせいか、木立の陰にひっそりと立っていて、知らなければ多分見過ごしてしまうでしょう。晶子の直筆は、情熱を露わに歌を詠み、夫鉄幹を洋行させ、12人の子供を筆一本で育てた、その剛腕ぶりからは考えられないほど、細くなよ
なよとしていて、いつも何か違和感を覚えます。

そして仕上げは鎌倉文学館へ。ここには観光客の姿はほとんどなく、侯爵邸として建てられた洋館には、鎌倉文士たちの直筆の原稿や書簡が並び、心地よい風の吹き抜けるバラの庭園を眺めながら、バルコニーにてコーヒーブレイク。古くより名だたる人々を魅了し、引き寄せてきた鎌倉の奥深さを感じながら、きっと秋には静かに己を回帰させ、冬には寂然とした厳しさの中に迎えてくれるのだろうと、去り難い想いを胸に帰途に着きました。この様な素晴らしい旅をご用意下さった友人に、感謝の想いは尽きません。

[六月号誌上]より

・追想にひたれる午後の日めくりは春の鏡に映りゆれつつ(金丸満智子)

・ふはふはと行方定めぬ老後なり眠れぬ夜は眠らぬままに(井口慎子)

・万葉の仮名に孤悲とぞ宛てけるは時こえ人の恋あはれなり(中川りゅう)

・採血の値きびしく心の臓常ならぬ母と刻む春なり(山本浩子)

・届きにし友の歌読む縁側に過ぎにし日々を懐しみつつ(後藤まゆみ)

・微かなる光を放ち咲きしもの散りゆくものへ春の雨ふる(中世古悦子)

・心臓のくすり服む身へのびむ日をけさ梧桐の幹にまぶしむ(水本協一)

皐月歌会[令和四年]

日中の陽射しは肌を焼き付け、確かに夏の到来を感じさせますが、陽が落ちれば中秋を思
わせるように気温が下がり、爽やかな風が家の中を巡ります。心地良さの中にも、梅雨ま
近のこの時期とは何か違う不思議な感覚もあって、あれ程過ごしにくいと嫌っていた、べ
たーっと纏わりつくような梅雨の肌感覚が、ほんの少し懐かしくもあります。

さて、昨今公用書はさておき、私信さえも手書きからパソコンへと移りつつあるようです
が、変換されるままにとんでもない漢字が使われていることも珍しくありません。パソコ
ンに依存するうちに、読めるけれど書けない漢字が増え、まして送り仮名への意識は希薄
となるでしょう。

月々の詠草の送り仮名のふり方に苦言を呈し、新青虹五月号へと寄せられた水本編集長の
文章には、広辞苑とても曖昧だと書かれています。活用に際して全く変化をしない語幹を
表示しながら、その活用は徹底していないとの事。詠草の清書にあたり、何の疑いもなく
広辞苑の表記に従っていましたが、心せねばなりません。そうは言っても歌の場合、作者
の意図により敢えて不要な文字を、視覚的な強意として付け加える場合もあり、やはり正
解はないようです。

『五月号誌上より』

・海苔加工つぎし夫婦の息合ひて伊勢海苔の角黒々と張る(金丸満智子)

・清水湧く土地のあるらし里山の低きも絶えぬ小流れありき(井口慎子)

・攻めらるる外つ国遠くへだたりて幼の涙拭くすべもなし(中川りゅう)

・長風呂に創を癒して気ままなる湯浴みたのしむ春立つ日にも(山本浩子)

・かじかみし手に息かけて戸を開く東の空に茜雲みゆ(後藤まゆみ)

・家々の灯りに添へて明るめる梅と暮れゆく里のやさしき(中世古悦子)

・蟹紅く煮られ食はるる湯の宿に着くも帰るも雪のうちなり(水本協一)

卯月歌会[令和四年]

依然として消滅しそうにないコロナ感染の中、ロシアのウクライナへの軍事侵攻は、国連
の介入も全く効力を持たず、いよいよ泥沼化しています。一部の人間の私欲によって、何
の罪もなく力を持たない国民を犠牲にしながら、ともすれば世界戦争へと発展しかねない
状況です。日本政府には的確な判断のもとに、しっかりと危機管理をしてほしいものです。

人類の発生当初、世界各地には20種程の原人が生息していたそうです。そしてアフリカ
に生まれた私たちホモサピエンスが、ヨーロッパ、アジア大陸へ進出し、海を渡ってアメ
リカ大陸、そして太平洋上の国々へ種を増やしていったのは、他の原人たちに比べて、よ
り欲望の強い性質を持つ人種だったからとか。その留まるところを知らない欲望によって
文明も文化も発展し、現代の高度社会が築き上げられた訳です。ですが、その欲望を制御
できず、殺戮を繰り返す人が絶えないのも現実なのです。

新青虹四月号巻頭の『氏郷慕情』は、日本の戦国時代を生きた蒲生氏郷に思いを馳せた、
金丸同人の圧巻の15首。織田信長に人質として差し出された氏郷は、14歳の初陣後そ
の才能を見込まれ、信長の次女を娶って近江日野城主となる。信長の死後は豊臣秀吉に仕
え、北伊勢諸城の攻略に尽力し松坂城を築く。綿密な計画のもとに作りあげた城下町は、
今も大切に守り継がれている。その後も次々と戦功を立て、陸奥の会津に91万石という
大領を与えられ黒川城を築く。蒲生流に改築され七層楼の天守を持つこの城は、氏郷の幼
名にちなみ鶴ヶ城とも呼ばれた。明治元年の戊辰戦争で会津藩士5000人が籠城した舞
台である。文武に秀でた氏郷は茶の湯にも深く、利休七哲の筆頭と言われ、利休の死後、秀吉に嘆願して子の小庵を手元で庇護している。また和歌を三条西実枝に学び、能楽にも長けた。しかし度重なる戦に病を得、惜しくも40歳の若さで生涯を閉じる。

・かぎりあれば吹かねど花は散るものを心みじかの春の山風

自己の早逝を嘆いた辞世の歌からは、戦乱の中に己の短い命を費した氏郷のやるせなさが
伝わってきます。戦争によって得られる心の平安など無いのです。

[四月号誌上より]

・利休より継ぎし作法の一服に氏郷いくさの修羅や忘れむ(金丸満智子)

・風のなき夕空広く思はれて初ドライブは海べへ向ふ(井口慎子)

・木枯しのなかを見知らぬ少女来て重荷を負へる吾に寄り添ふ(中川りゅう)

・梅の木の節こゆる風やはらかく肌に触れては春の息吹す(山本浩子)

・姉まねて意気揚々と雪玉を作る幼子大きさ競ひ(後藤まゆみ)

・日に氷る甕を覗きて美しく封じられたるもの見むとせり(中世古悦子)

・冬の夜をさめて又見る夢のそこ雪ふりつくせ春になるまで(水本協一)

 

弥生歌会[令和四年]

青虹社では永年にわたり、毎年春と秋の一泊二日の全国大会と三地区に分けての日帰りの準大会が、各支社の持ち回りで、名所旧跡近くや風光明媚な会場が選ばれ、催されてきました。ですが近年。社友の方々の高齢化によって、遠い会場への参加が難儀という声があがり、やむなく秋の全国大会と春の準大会の二回に縮小となりました。しかしそれも、足掛け三年に及ぶ新型コロナ感染のため、中止を余儀なくされています。

今年の春の準大会も、東地区は中止となりましたが、私たちの中部地区は、名古屋のあゆち支社の野地同人にお骨折りをいただき、『あゆちの会』と銘打って3月26日、名古屋市市政資料館にて開催されました。折良く全国的にコロナの蔓延防止措置は解除となりましたが、やはり感染への不安は拭いきれず、出席者数はいつもを下回りました。ですが久しぶりに、水本編集長はじめ各支社の皆さまのお元気そうなお顔を拝見でき、とても勇気付けられました。

開会の挨拶の中で仰られた、『一方通行の誌上評とは違った、顔を突き合わせての歌会の進展を楽しみましょう!』という野地同人のお言葉通り、それぞれの歌への感じ方は思いの外多様で、土地柄や年齢のちがいも相まって、おもわぬ解釈に驚いたり納得したり、六時間に及ぶ歌会も瞬く過ぎ、とても充実した密度の濃いものとなりました!!懸念なく全国大会の開催される日が来る事を祈るばかりです。

 

[三月号誌上より]

・色ふかき紅葉にのぼる坂道に若き日の脚ひたに恋ひつつ(金丸満智子)

・クリスマス華やぎもなく夜の更けてせめて門灯明るく点す(井口慎子)

・陽の薄き冬の浜辺に時をかけ餌を啄む鳥見て足らふ(中川りゅう)

・うぶすなに参れる人もしづまりて霰の音はさやかに聞ゆ(山本浩子)

(たいせつ)
・大雪の夕陽うけつつ満天星の赤くマリアの鐘響くなり(後藤まゆみ)

・朽ちし船舳先は沖へ物語りめくも動かぬ冬の浜なり(中世古悦子)

・古今集写本の系譜しらべゐる図書館のをか虹としぐるる(水本協一)

如月歌会[令和四年]

ここ四、五年は暖冬で、節分に鬼を払えばもう春めいていたように記憶していますが、今年は全国的にいつまでも寒く、鈴鹿でも何度も雪が散らつきました。先日も目が覚めた時その明るさに、なんて強い春の日差しなんでしょう!と窓を開ければ一面の雪!!思わず感嘆の声を上げました。鈴鹿は一年中で一番寒い二月でも、雪に閉ざされることは稀にしかなく、降ったとしても、大抵は一日でほぼ溶けてしまうことが多いので、雪へのイメージは、厳しさよりも美しさの方が勝ります。しかし今年は勝手が違い、北国で暮らす方々へ思いを馳せました。それでも季節は確実に巡り、ひな祭りを前にようやく春も重い腰を上げたようです。

『新青虹』二月号冒頭の文章『百年は心に近し』に載せられた釈迢空のお歌をご紹介します。水本編集長が、昨年京都の古書市で求められたという、大正十年の『アララギ』四月号に発表されていた『夜ごゑ』より5首

・長き夜のねむりの後もなほ夜なる月おし照れり河原すが原

・川原の樗の隅の繁み繁みに夜ごゑの鳥はい寝あぐむらし

・湍を過ぎて淵によどめる波のおもかそけき音もなくなりにけり

・水底にうつそみの面わ沈透き見ゆ来む世も我のさびしくあらむ

・合歓の葉の深きねぶりは見えねどもうつそみ愛しきその香たち来も

秀歌は、何度も何度も読み返すうち、その情景が目からどんどん心の奥へ分け入って、読む人それぞれの心象とつながり、思いもよらない世界をも見せてくれます。

[二月号誌上より]

・江戸へ発つ船見送りし遊女らの祈り沁みにし砂や秋冷ゆ(金丸満智子)

・枯れし桃伐りし残りは身を支へ暮れゆく庭の道しるべなり(井口慎子)

・新しき鞄に替えて古き物捨つれば老の身も軽くなり(中川りゅう)

・聞き慣れぬ真珠湾とふ言の葉にとまどひ見する生徒らもあり(山本浩子)

・母愛でし真葛色づくひと枝を居間の遺影に近く供ふる(後藤まゆみ)

・共に古る家に偕老願ひつつ小春の縁にささくれを剥く(中世古悦子)

・杜かげの古本市にカブトムシ瀕死にゐるは誰も見向かず(水本協一)

睦月歌会[令和四年]

年が明け世界中で猛威を奮っているコロナオミクロン株の感染は、以前とは異なり年齢層
を下げて、高校や地区の小、中学校にまで拡大しています。ただ感染者への対応がかなり
改善されていることが、せめてもの救いでしょうか。とはいえ、リモートで仕事をされて
いる方々、友達との楽しい学生生活を奪われた子供達は、やりきれない思いをたくさん抱
えていることでしょう。すでに社会人としての役割の大半を免除され、これといった不自
由もなく夫と二人暮らしの私などは、できる限り足かせとならないよう、十分に注意を払
わなければと思う毎日です。

ですがコロナによって歌に向かう時間の増えたことも確かです。私たちの結社青虹は、心
覚論のもとに多くの方の支えによって引き継がれ、消えていく結社の多い中、四年後には
創刊百年を迎えます。単純な日々の生活の中にも常に新しい発見をしながら、その感動を
歌に詠み続けていければと思います。

『新青虹』一月号の冒頭、川口代表の『青虹の未来』と題した文章には、音楽や絵画にお
ける表現にも触れながら、歌詠みの心構えを説かれています。特に心に留めておくべき一
節をご紹介します。

・言葉が美化された出来合いのものではなく、多少荒削りなところがあっても構はないの
です。すでに美化された言葉には、うたのいのちが通ってゐない場合が多く、其を真似
ることは戒めるべきです。言葉を知ったかぶりをして真似るのは、他人のことばを盗ん
で平気でいることになるのです。そのようなことをしていると、未来の新しさは生まれ
てこないのであり、過去の物真似のみを繰り返してゐることにほかならないからです。

[1月号誌上より]

・指の疵さけて鶴折る卓上に陽のうつりゆく寒さありけり(金丸満智子)

・負の思ひのみにて秋も進みけり外つ国ゆ来し木ノ実など食む(井口慎子)

・山の端は縹に染まり山際は茜に燃えて秋の日暮るる(中川りゅう)

・青空の巻雲心に刻みつつ眼科院への道を曲がれり(山本浩子)

・退職ののちに作りし新米のにほひに友の笑顔立つなり(後藤まゆみ)

・実生にて名は知らざれど真っ新に白き椿の一番花つむ(中世古悦子)

・ゆくりなく間近に啼かれ立ちどまる蜩に身の予後をかくせず(水本協一)

 

新年明けましておめでとうございます!

鈴鹿は久し振りに雪の年明けとなり、残念ながら初日の出に手を合わすことはできません
でしたが、いつもと違う幕開けに、新しい展開の予兆ではと微かな期待も添いて、家内穏
やかにおせちを囲みました。皆様はどのように元日をお迎えになられたのでしょうか?

密になることが最大のリスクとなる疫下にあって、幸い短歌は単位がひとり。大勢で集う
ことなく成立する文芸です。歌を詠むというのは、自分を見つめ直し心の奥を確認する作
業でもあります。思いも寄らない本当の自分に出会えるかもしれません。

是非ご一緒に宝探しの旅に出てみませんか!ご一報をお待ちしております!!

[12月号誌上より]

・となりあふ漁師荒れにし海の日の想ひ出に酔ふ寿司と一夜を(金丸満智子)

・愛蔵の歌集をひとに見せむとて一頁づつぬぐふ秋なり(井口慎子)

・私ゐて母安心の中にゐるとしみじみ思ふ秋の午後なり(山本浩子)

・曼珠沙華ひと恋ひそめし若き日をしのに思へば空いや高し(中川りゅう)

・暮れ初むる竹やぶ抜けし細道に猫と見紛ふ石かはつとす(後藤まゆみ)

・縁側にひざ小僧抱くすずしさに鰯雲なるうろこをかぞふ(中世古悦子)

・落蝉のかしこにあれど重ならず離ればなれにいのち果つれば(水本協一)

近畿支社会 [令和三年]

11月後半、細胞のすみずみまで緩むような小春日が続きましたが、12月に入るといきなり気温が下がり、日の暮れるまで冷たい雨と風。体を丸めて布団に潜り込んだ翌朝、出ている顔の上部の冷たさに目が覚めると、気温がぐっと下がったのでしょう、屋根や畑には粉砂糖を振りかけたように霜が降りていました。このところの著しい気温の変化に、体を合わせていくのが大変な冬の入りです。

11月の三重支部会は、久し振りの近畿支社会となり、奥様のお供にて、ご療養中の水本先生にお越いただきました。少しお痩せにはなりましたがとてもお元気で、闘病の顛末は程々に、早速提出の自由詠をもとに歌会が始まりました。
いつものように穏やかな口調で、さらにふさわしい言葉遣いや、違った目線からの展開等一首づつ丁寧に添削して下さいました。10時開始の会は瞬くお昼となり、用意した昼食を済ませた後は、サプライズにと準備した手作りのケーキとコーヒーで、快気のお祝いをしました。『水本先生おかえりなさい』と書いたチョコプレートを飾った、大きなガトーショコラを人数分にカット。先生の柔和な笑みと奥様の弾けるような笑顔に、一同安堵し、また先生にご指導いただけることを喜びました。

午後は時間の許す限り話しましょう!とおっしゃり、新青虹11月号を開いて質疑応答、歌の詠み進め方など核心に触れたお話を、お帰りの時間ぎりぎりまで精力的にご指導いただきました。先生と奥様をお見送りしたあとは、ほっこりとした余韻の中で、皆で良い時を共有できた幸せに浸りました。

[11月号誌上より]

・師は老ひて描かす暑中の葉書絵の糸瓜自在のかたち味はふ(金丸満智子)

・自由なる想ひ遊ばす部屋はあり広き空へと窓開きゐて(井口慎子)

・窓ちかく虫の音すだく千切れ雲浮かべる空に宵の月出づ(山本浩子)

・宣長を祀る社のすぐ脇の店に穏しく自然薯すする(中川りゅう)

・蝉声に飲むコーヒーに夫と吾の歩みし日々を偲ぶ朝なり(後藤まゆみ)

・稔り田を小鷺の群れに追はれつつ刈りゆく老の背の豊かなり(中世古悦子)

・若き日に録りしファドなど病棟の枕に聴けばこの世遠くす(水本協一)

神無月歌会[令和三年]

10月半ばより冬が一気に訪れたかのように寒い日が続きましたが、暖かさが戻り、コロナ感染の落ち着いているうちに遠出して、久しぶりに紅葉狩りにでもと心の動く今日この頃です。コロナ対策のためほぼ2年を、マスクに消毒、検温など面倒に思われることが否応無しに身につき、そのまま冬へ移行すればインフルエンザ予防も万全!強いられた我慢もプラス思考といたしましょう!

さて10月の支部会では、青虹社の川口学代表の掲載歌『宮居の砂』の細やかな描写表現を鑑賞しました。

・明るめる宵の灯に踏む砂のかさ春の宮居にややくぼませぬ

神社に敷かれている砂のわずかなでこぼこを捉えた、『砂のかさ』にはっとさせられます。

・宮砂のみち暗がりを踏みしめて春の憂ひと振り返りけり

参拝を済ませた帰り道、未だ未だ拭きれずに次々と湧き出てくる不安が、『春の憂ひ』に集約されています。

・御手洗の水に涼しく杖の手を濯ぎきよめて持ち直しけり

御手洗で清めた手に『持ち直しけり』と当たり前の表現の中に、いつも頼りになってくれる杖への敬意が伝わってきます。

[10月号誌上より]

・陽も水も澄みて幾世を咲きつげる蓮に驟雨の音立てて過ぐ(金丸満智子)

・手に白き蚕の繭の温かき命こもりし名残のままに(井口慎子)

・紅色に部屋も染まれる八月の大夕焼けに酒たしなまむ(山本浩子)

・簾ごしの透影あはき夏の宵くりやの女の白き腕みゆ(中川りゅう)

・友持参せしぶだうパン手作りの温みしばらく掌にあり(後藤まゆみ)

・紫を寄せ合ふ桔梗の花影へ蝶舞ひよりてやさしき日なり(中世古悦子)

・うつし身の思はぬなみだ心臓の手術より醒めわれ生きゐたり(水本協一)